海外向け商品
株式会社ハヤブサ

ハヤブサ製品

TOP > 製品紹介 > 製品詳細

軸付丸カン

従来の丸カン部分に針結びと同じ外掛け結びで留められるタタキをつけました。
付属のウレタンパイプを軸に被せることで板オモリも綺麗に巻け、道糸・ハリス・丸カン・オモリの全てを理想的に一体化できます。

  • ■糸絡みなどのトラブルを解消
  • ■結束部の強度向上
  • ■オモリのツブレ防止
軸付丸カン本体
軸付丸カン本体
ウレタンパイプ ウレタンパイプ
軸付丸カン

軸付丸カンの使い方

軸付丸カンの使い方1

1. 道糸に付属のウレタンパイプを入れた状態で軸付丸カンに糸を結びます。
※この時、しっかり締め込んでください。

軸付丸カンの使い方2

2. 道糸をピンと張った状態でウレタンパイプを軸付丸カンに差し込みます。この時、道糸が張っていないとウレタンチューブを差し込む時に結び目が動いてしまい、うまく入りません。
※仕掛けを作る際、軸付丸カン側から作った方がウレタンチューブが差し込み易くなり、道糸も思い通りの長さにすることが可能です。その際、道糸のスプールを足などで押さえ、軸付丸カン部分(○の部分)を手で持ち、引っ張り道糸をピンと張ります。その状態を保ったままウレタンチューブを軸付丸カンに差し込むとスムーズに入ります。

軸付丸カンの使い方3

3. ウレタンチューブを差し込み終えたら、その上に板オモリを巻くと完成。

【注意】軸付丸カンの適合道糸は0.4〜0.8号です。それ以上太い道糸を使うとウレタンチューブが入らなくなる恐れがありますのでご注意ください。


ページの先頭へ
株式会社ハヤブサ /釣り鈎、仕掛け、フィッシングウェアの製造・販売
〒673-1116 兵庫県三木市吉川町大畑341-23番地 Tel:(0794)73-0212(代表) Fax: (0794)73-0200

株式会社ハヤブサ /釣り鈎、仕掛け、フィッシングウェアの製造・販売
〒673-1116 兵庫県三木市吉川町大畑341-23番地 Tel:(0794)73-0212(代表) Fax: (0794)73-0200

Copyright(C) HAYABUSA All rights reserved.
お得意先企業様専用サイト